車を安く買うならマイカーローンを比較する

車を安く買おうと思った際に、新車であればディーラーでの値引き交渉を、中古車であればより安いところを探すなど努力をするものです。しかし、いざ車を決めて買うとなった際に、ローンに関しては比較をしない、しっかりと選ばない方が意外にも多いです。

 

せっかく車を安く買うための交渉などの手間をかけているのに、ローンで高い契約を結んでしまっては意味がないとは言えないでしょうか。

 

数万円程度を借りるローンならまだしも、数百万円といった大きな金額の契約となる車のローンは、金利などの負担面の比較をしっかりとしないと最終的な支払い総額に大きな違いが生じることとなります。

 

特に気をつけておきたいのはディーラーでのローンで、ディーラーで値引き交渉をして契約をしたからと、そのまますすめられるままにローンを組んでしまう方は少なくありません。しかし、ディーラーでのローンは金利が高く負担が大きく設定されている場合が多く、どうしても金利からくる利息の支払いが大きくなりがちです。

 

より安く車を買いたいなら値引き交渉等は当然ですが、あわせて安い車のローン、つまりマイカーローンを探す努力も少しでもしておくと良いでしょう。

 

銀行のマイカーローンなら金利が低い

ディーラーでのローンは購入車種や金額、キャンペーン等にもよりますが銀行で組むマイカーローンを比べて金利が高くなる場合が多いです。1%や2%といった数字ではなく、低金利の銀行マイカーローンと比べると3%や4%も金利が変わる場合があるため、最終的な支払い総額には非常に大きな違い、差が出てきます。

 

手続きはディーラーローンと比べると少しは面倒になってしまいますが、それでも最近では日本全国来店不要で契約ができる銀行マイカーローンも増えてきているので、そこまで手間や時間をかけずに低金利でのマイカーローンが組めるようになっています。

 

まずは低金利の銀行マイカーローンを選択し、申し込みを行い、仮に審査落ちとなってしまった場合はディーラーでの手軽なローンを組むようにすれば、金利負担を大きくしない賢い車の購入、ローンの選択ができるようになります。

 

銀行のマイカーローンは大手銀行、地方銀行、ネット銀行のものと様々なタイプがあります。いずれにしても低金利である場合が多く、一部銀行では取引内容によって金利が引き下げられる場合もあるため、ディーラーローンで決める前にまずは銀行のマイカーローンを見ておくようにしてください。

 

ディーラーローンとマイカーローンの比較

では実際にディーラーローンとマイカーローンではどの程度の返済負担の差があるのか、一つの例を挙げて比較をしてみます。

 

ディーラーローンは車種やキャンペーンによって変わってしまうのでここでは年5.0%の金利として考え、マイカーローンは日本全国対応で人気の静岡銀行のマイカーローンで比較をします。
静岡銀行のマイカーローンについてはこちら:https://shizugin.net/service/mycar/index.html

 

ローン比較条件

借入金額:350万円
返済期間:5年
返済方式:元利均等返済
ディーラーローン:年5.0%
静岡銀行マイカーローン:年3.4%

 

静岡銀行のマイカーローンは通常で年2.4%か3.4%の金利となりますが、ここではあまり有利な条件で比較をしても正しく比べられないため、あえて高いほうの金利で考えてみます。

 

金利による支払い負担の差はマイカーローン比較|安い利息の低い金利で借りるにある返済シミュレーションを借りて計算をしました。

 

それぞれの返済負担の計算結果

ローン種類 利息 返済総額
ディーラー 462,963円 3,962,963円
静岡銀行 310,876円 3,810,876円

 

金利差は5.0%と3.4%で1.6%で、返済の総額は最終的に152,087円まで膨らんでいます。これが仮に静岡銀行マイカーローンの低いほうの金利、つまり年2.4%で借りられた場合であれば返済総額は3,717,692円となるため、最終的な返済の総額は245,271円もの差となります。

 

銀行のマイカーローンの中にはさらに低金利で借りられる商品もあり、しっかりと選ぶことで年1%台の金利でのマイカーローン利用も可能です。

 

車を安く買いたいからと必死に数万円の値引きをしても、高いディーラーローンを組んで銀行マイカーローンよりも数十万円も多くし原手しまったのでは意味がありません。安く車を買うなら、ディーラーローンではなくマイカーローンの比較は必須です。

 

銀行マイカーローンを選ぶ際の注意点

銀行のマイカーローンは金利に注目をするのはもちろんですが、それ以外に見ておきたいのが保証料の負担の有無です。銀行によっては金利は低くても保証料が高く設定されている場合があり、結局はトータルで見るとそこまで低金利にならないといったケースも存在します。

 

保証料の有無、利率に関しては商品説明書や公式サイト上に書かれているので、利用を検討する前には必ず確認をしてください。金利が低くても保証料が高いマイカーローンがあれば他の銀行と比較をする必要が出てくるので、金利だけを見るのは気をつけたほうが良いでしょう。

 

保証料とは保証会社を利用する際に発生する手数料のようなもので、銀行のマイカーローンは担保や保証人を不要とする代わりに保証会社を利用するため、どうしても保証料が発生します。しかし、銀行によっては保証料を不要、金利に含むとしているところもあるので、保証料は必ず別に支払わなければならないといったわけではありません。

 

その他の手数料もしっかりと見ておきたい

銀行のマイカーローンをより便利に低負担で利用をするなら、その他の手数料負担についてもしっかりと見ておくようにしましょう。例えば繰り上げ返済を行う際に手数料は必要か、返済の計画を立て直す際にどの程度の手数料が発生するかなど、面倒でもよく見ておくようにしてください。

 

特に繰り上げ返済の手数料は重要な部分となり、手数料が発生しなければ細かく積極的に繰り上げ返済が行えるので、より負担を軽くしてマイカーローンの完済が目指せます。負担を減らす返済には繰り上げ返済は欠かせないので、よく見ておくことでより安くマイカーローンが利用できることとなります。

 

分からない点や不明な部分があればコールセンターに問い合わせるなどし、確認をしてください。面倒だからとよく見ずに申し込みをして利用をしてしまうと、思ったほど負担が軽くならないといった事態も招きかねません。

 

ディーラーローンよりも軽い負担で安くローンを利用するためにも、多少は面倒でも銀行のマイカーローンについては下調べはしっかりと確実に、もれなく行うようにするのが基本中の基本です。